【報告】2/17出張プレーパーク@よこはま児童センター

【報告:プレーリーダーひろちゃん】

2月17日(土)

青森県横浜町にて、出張プレーパーク開催しました!

横浜町の教育委員会にお呼び頂き、横浜町中にポスターが張り出されていて感動しました…

木で作られた素敵なセンター!床も壁も全部木!

二階の作りも本当にかわいかったし綺麗だったなぁ(^^)

準備中も上の窓から子供達がワクワクした目で見つめていました。

準備が終わり、準備体操のラジオ体操もして、いざ開始!

みんな躊躇せず、ダンボールでお家をたてはじめました!

やたら手慣れてるなぁと思い、スタッフさんに聞いてみたところ「ここの子達は物作りが好きなのよぉ^^」と!

今までもホール一面ダンボールハウスいっぱいにしてその中に寝袋で寝たりとか!

庭の坂にブルーシート引いて垂木で枠作りをし、ブルーシートのプール付きのウォータースライダー!

いったい誰がこんな事考えてたの?!と思ったら、センターのまさき先生でした!

そのまさき先生はプレーパークをとっても楽しみにしていてくれて、この日をワクワクして待っていました!とお話し下さいました( ;∀;)

誰よりも楽しみにしていてくれたまさき先生。

『プレーパークという言葉は知らなかったけど、自分がしてきた19年がプレーパークと同じだったんだっておもって嬉しかった

ひろちゃんみたいな方がいて本当に嬉しい!』と、プレーパーク中、誰よりも少年で誰よりも遊びました(笑)

そして、誰よりもプラス志向の言葉を子供達に声がけする、ポジティブシャワー浴びせまくりのステキな先生でした!

このプレーパークの活動を始めてから色んなところでお会いして、おはなししてきた横浜町読み聞かせの澤谷先生。

やっとプレーパークが横浜町で出来ましたぁ❤️

トンテンカンテン金槌の音がして最高でした^^

プレーパークを「ディズニーランドみたいー!」と表現した子もいてくれたそうです❤️

さて子供達、ダンボールを最初真っ平らにして、ポールつけるところからスタートなんで?と思ってみてたら…

なんとそのポールは、支柱!

ダンボールハウスに支柱つけるとこからスタート。初めて見たぁぁすごーい!(パパが大工さんだそう!)

新聞プールでは投げ合い、かけあい、トイレットペーパーの芯をつなげた剣でチャンバラ!

最初カメラ撮影をしていた、県庁の教育委員からお越しいただいた通称グミ君。

新聞プールに引き込み遊びの中に入れると男の子達と存分に戦ってくれました!あっぱれ!

みんな思い思いの時間を過ごす中「ひろちゃーん!」の声や「こっちきてー!」「いーことかんがえたっ!!」

子供達からの声に終始感動しました!!

横浜町の教育委員会会長様にも起こし頂き、おはなししました^^

子供達の笑顔の為に青森市からわざわざ起こし頂きありがとうございましたとお言葉頂きました^^

他にもたくさんの方にご協力頂き、事故や怪我もなく終われたこと。

子供達が「また来てね!」と最後に玄関でハイタッチした事・・・ずっと忘れません。

夏にウォータースライダーできたら呼んでね❤️